MENU
HOME ワキ住建のこだわり 子どもがスクスク育つ家 エコ関連事業 リフォーム ミニハウス・増築 施工事例

滋賀県近江八幡市での新築注文住宅やリフォームのことなら地域密着型で安心のワキ住建へご相談ください

よくあるご質問
トップページHOME ワキ住建のこだわりOUR POLICY 子どもがスクスク育つ家FOR CHILDREN エコ関連事業ECOLOGY リフォームREFORM ミニハウス・増築MINI HOUSE 施工事例PORTFOLIO

よくあるご質問

始めてのリフォームについて「いろいろ知りたい!」ことや
「ここがわからない!」などの疑問や不安にお答えします! 

Q.1 初めてのリフォームで
良い工務店の見分け方を教えてください。

A.1 あなたが「どんなリフォームをしたい」のか、しっかりと話を聞いてくれる人が良い工務店を見分ける最初のポイントだと思います。初めから話を聞かずに、いきなり製品の説明をしたり、いろいろ押し付けてくるような工務店はあまり感心できません。

Q.2 リフォームをしたい場所を
どのように伝えればいいですか?

A.2 リフォームをする際、工務店は病気をした時の医者と同じだと思います。 あなたのやりたいリフォーム、予算などの情報をしっかりと伝えることが必要です。
カタログや雑誌、イラストなどを用意すると伝わりやすいですよ。

Q.3 工事中に大工さんに
お茶、おやつを用意した方が良いですか?

A.3 基本的には必要ありません。

Q.4 シックハウス症候群って
どんな症状ですか?

A.4 シックハウス症候群とは、住宅の新築やリフォーム工事後などに、住宅建材から発生する揮発性化学物質やダニアレルゲンが原因で体調不良または健康障害を引き起こす事です。 
主な症状としては、目と鼻のかゆみ。頭痛。吐き気。嘔吐。下痢。皮膚に蕁麻疹。 呼吸器の障害等が報告されていますが、未だその定義は明確にされていません。

Q.5 エクステリア工事には、どのくらい費用がかかりますか?

A.5 エクステリア工事の内容によってかなりの金額の差がありますので、一概にはお答えできません。 まずはどの様なエクステリア工事をお考えなのか相談して、お見積りをされてみてはいかがでしょうか?

Q.6 シロアリによる被害ってどんなものがあるんですか?

A.6 シロアリは木を食べます。
家屋の軸組みや床板などを食べます。 そのため、被害箇所をほっておいて、床板が落ちてしまったり建物の倒壊にまで至ることもマレではありません。

Q.7 耐震補強ってどんなことをするんですか?

A.7 壁の補強、基礎の補強、接合部分の補強などをおこないます。 
壁は、壁のバランスを計算し、耐力壁の量を増やしていきます。 
更に、計算で算出した的確な位置に筋交いや合板を用いるなどして耐力を向上させます。 
基礎の補強とは、床下にもぐり基礎のコンクリートの硬さ(圧縮度)や、床下の湿気・白アリによって柱が腐ってしまっていないかなどをチェックし、補強します。 
接合部分の補強とは、地震の際に柱抜けを防ぐために柱と基礎とをつなぐ接合部分にホールダウンという金物を緊結し、柱抜けを防ぎます。

Q.8 クロスにカビが生えてきました。何が原因でしょうか?

A.8 外壁の種類によっても違いますが、パネルを張り合わせたサイディングの場合はつなぎ目のコーキングが日光によって堅くなり痩せてきたり、それが原因でサイディングが反ってしまったりします。
そこからできた隙間から雨水などがじわじわと壁を伝って湿気やカビの原因になることがあります。 
事前に防ぐためにも、南、西側の日当たりのよいコーキング部分をこまめにチェックするようにしましょう。
また、モルタルの場合は外壁にできたヒビから雨水が入り込む可能性がありますので10年に一度、または触ってみて手に白い粉がついたらヒビを補修し、外壁の塗替えをするとよいでしょう

Q.9 トイレの水を一度流すと、しばらく止まらないんですが。

A.9 トイレのタンクに入っているフロートバルブ(ゴム栓)かボールタップ(浮き玉)が原因の可能性があります。
10~15年でフロートバルブのゴムが劣化して腐ってしまいます。ホームセンターなどで安く購入できるので触ってみてぬるぬるになったら交換しましょう。 
また、ボールタップについては何かの拍子にタンクの内側の壁にぶつかってしまうと正常に動かないなどの不具合が生じます。 
異常がある場合は、タンクのふたを開けてみると、水位が極端に高くなり、オーバーブロー管から水が流れ出しているはずです。
“おかしいな”と思ったらタンクを開けて水位をチェックしましょう。タンクレスの場合は専門業者にご相談ください。

Q.10 外壁や屋根の調査はどのようなことをおこなうのですか?

A.10 リフォームをおこなうには、お客様が住まいの現状を知ることが何よりも重要ですので、当社では
“お客様参加型リフォーム”を推奨しております。 
お客様が目の届かない屋根などは、デジカメで撮影をし、お客様に現状の状態を確認していただいております。 
一般的に屋根や外壁は10年が塗り替えの目安と言われています。 
10年経つとコケ・カビ・ひび割れなどの現象が出始めますので、その状態をお客様ご自身の目で確認して頂き、それを目安にリフォームを行うと良いでしょう。 
また、当社では、お客様に負担のかからないよう1時間程度の短時間で無料診断を行っております。

contact contact
商品一覧
施工事例
エコ商品
滋賀県内どこでも伺います
近江八幡をはじめ、東近江、野洲、守山、栗東、草津、湖南、甲賀、彦根、竜王町、日野町からも多くのご依頼を頂いております。
ワキ住建のエコブログ
ワキ住建のエコブログ
近江八幡市にあCAFE NICO